各種相談窓口

遺伝カウンセリング

遺伝カウンセリングとは

遺伝カウンセリング

 さまざまな病気の原因の遺伝子が解明されて、インターネットにも日々遺伝子に関する情報が流れています。その一方で自分や家族の病気との関わりにおいて遺伝や遺伝子を正確に理解することは簡単ではありません。正確な情報がないために、逆に不確かな情報が多すぎて不安になる人は少なくありません。
 数多くの『遺伝子の関わる』病気があります。その中には検査で確実に診断できる疾患もあれば、全く遺伝しないにもかかわらず遺伝すると誤解されているものまでさまざまです。また遺伝が関係する疾患の場合には、子どもだけではなく兄弟や親類にまで思いが馳せることもあります。
 遺伝カウンセリングは、病気や体質について科学的に正確に理解した上で、将来に向けて最善の選択ができるようにご一緒に考えてゆく場です。お話を伺い正しく理解したうえで、それに対してどうしたらよいのかについて取り得る選択枝を考えてゆきます。そのために一般の外来とは別に時間に余裕のある静かな場を設けています。

過去の相談例

  • 一人目の子どもに生まれつきの病気があり、次の子どもも同じ病気を持つのか心配。
  • 子供の染色体に違いがあるといわれた? いろいろ調べたが情報が無い。
  • 夫婦のいずれかに染色体の転座があると言われた。こどもに影響するのでしょうか。
  • 出生前検査を考える前に、その病気について知っておきたい。
  • 婚約相手の家族にある病気を持った人がいる。こどもに遺伝しないか心配がある。
  • いとことつき合っているが、いとことの結婚ではどんなことがあるのか。
  • 自分の疾患について、それがこどもに遺伝するかどうかが心配。
  • こどもの病気についてインターネットで調べたら遺伝子が原因と書いてあるが、検査するところがあるか知りたい。

※お子様の診察や検査で受診される場合は、小児内科初診へお申込み下さい。
不明な点がありましたら、お電話でお問い合わせください。

相談日と遺伝カウンセリングの予約について

毎週火曜日 午後1時30分 午後3時
担当 : 臨床遺伝専門医 及び 認定遺伝カウンセラー

予約時にご相談内容を簡単にお尋ねいたします。
簡単な家系図をご用意していただきます。(家系図の例)ご相談内容は別カルテに保存して秘密は厳守いたします。
ご夫婦、婚約者の方といっしょに来院されてもけっこうですが、予約時にあらかじめお伝え下さい。

現在の担当

水野誠司  臨床遺伝専門医 小児科専門医
村松友佳子 臨床遺伝専門医 小児科専門医
谷合弘子  臨床遺伝専門医 小児科専門医
梅田果林  認定遺伝カウンセラー(非常勤)

申し込み方法

0568-88-0811(代表) 内線3347 
「遺伝カウンセリングの予約」とお伝えください。
受付時に担当ケースワーカーがご相談内容を簡単に尋ねます。

PDFファイルを閲覧するには、「AdobeReader」プラグイン(無料)を
インストールしてください。

adore reader