診療科・各部門のご案内

整形外科

科の特徴

  • 脳性麻痺患者に対する痙縮治療(ボツリヌス毒素製剤、バクロフェン髄腔内注射など)
  • 発達遅滞児(脳性麻痺や二分脊椎など症候性を含む)のリハビリテーションと装具の処方
  • 先天性股関節脱臼、先天性内反足、筋性斜頚に対する治療
  • 小児股関節疾患(ペルテス病や、大腿骨頭すべり症など)の治療
  • 小児の運動器疾患に対する治療
  • 脳性麻痺、二分脊椎、神経筋疾患等の関節変形に対する手術治療
  • 骨形成不全症の薬剤および外科的治療
  • 低身長や脚長差に対する骨延長(脚延長)手術
  • 重度心身障害者・知的障害者(成人)の整形外科的治療
  • 先天性疾患・症候群に対する、複数科での包括的治療
  • 褥瘡の外科的治療

主な診療内容

 小児の先天性疾患や麻痺性疾患(脳性麻痺や二分脊椎)による運動発達の遅れや手足の変形などを主な対象とし、特に脳性麻痺の症状に対して総合的に診断・治療・相談(リハビリテーション、補装具の処方、ボツリヌス治療、髄腔内バクロフェン注射、変形矯正手術など)を行っています。小児期だけでなく、運動機能障害のある方が成人になってからの2次的な機能障害についても診療を行っています。
 また運動機能障害のない知的障害・自閉症など(小児・成人)の整形外科疾患や、関節の変形・痛みなど一般の小児整形外科、運動発達に遅れのあるお子さんの診療も行っています。

対象となる疾患

  • 脳性麻痺・二分脊椎(運動発達の遅れ,麻痺による股・膝関節,足部,脊椎の障害など)
  • 小児股関節疾患(先天性股関節脱臼,ペルテス病,大腿骨頭すべり症,麻痺性股関節疾患など)
  • 上肢疾患 (先天奇形(多指症、合指症など),分娩麻痺など)
  • 下肢疾患 (脚長差,O脚・X脚,下肢変形,先天奇形など)
  • 足部変形疾患 (先天性内反足,麻痺性足部変形,扁平足,先天奇形など)
  • 神経筋疾患 (筋ジストロフィー,脊髄・神経麻痺性疾患,先天性多発性関節拘縮など)
  • 脊椎疾患 (側弯症・後弯症,頸椎疾患(ダウン症など),斜頚など)
  • 骨系統疾患 (軟骨無形成症,骨形成不全症など)

当院で治療を行っている代表的な疾患のご説明

スタッフ紹介

整形外科スタッフ紹介

診療実績

診療実績(年報ファイル)

予約について

外来受診のご案内

PDFファイルを閲覧するには、「AdobeReader」プラグイン(無料)を
インストールしてください。

adore reader