診療科・各部門のご案内

臨床検査科

概要

 臨床検査科は『正確かつ迅速に検査データを提供し、患者様に安心して検査を受けてもらえる検査室』を目指して日々の検査業務を行っています。
 夜間や休日の緊急検査には、オンコールでの24時間体制にて対応をしています。

主な検査

生化学検査
生化学検査

血液や尿などに含まれる酵素・蛋白・脂質・糖・電解質などの成分を測定します。
測定結果は、疾患部位の特定、炎症の有無や程度、治療効果の判定などに役立ちます。

血液検査
血液検査

血液に含まれる赤血球・白血球・血小板の数を数え、顕微鏡を使ってその形態を調べます。
凝固の検査では、血液を固める働きが正常に機能しているかを調べます。

血清検査
血清検査

血液から、肝炎などのウイルス抗原・抗体の有無や、甲状腺などのホルモン量を測定します。
血液型判定や、輸血に伴う副作用を防止するための交差適合試験の検査も行っています。

一般検査

尿に含まれる成分や細胞を調べます。
腎・尿路系の疾患の他、膵臓・肝臓の機能異常が分かります。
便の検査では、潜血反応を行って消化管出血の有無を調べます。
また、顕微鏡を使って寄生虫卵の有無を調べます。

細菌検査
細菌検査

血液・尿・喀痰などから細菌を検出し、感染症の原因病原体を探ります。
また、検出された細菌に対して有効な薬剤を調べます。

病理検査(病理診断科)

手術や検査で採取された組織から標本を作製し、顕微鏡で観察して病理学的な診断を医師が行います。

生理検査

脳波検査・ABR検査(聴性脳幹反応)・心電図・肺機能検査・筋電図検査などを行います。

(心電図検査)
(心電図検査)
(脳波計)
(脳波計)
(脳波検査室)
(脳波検査室)

脳波検査予約変更・確認
TEL:0568-88-0811(代表)(内線3342)
平日8:45~17:30まで

スタッフ紹介

病理診断科スタッフ紹介

PDFファイルを閲覧するには、「AdobeReader」プラグイン(無料)を
インストールしてください。

adore reader