診療科・各部門のご案内

小児神経科

科の特徴

  • 種々の脳障害(先天性・周産期・後天性)の原因検索、機能評価、訓練
  • 発達遅滞の評価、原因検索、訓練
  • 発作性疾患(特にてんかん)の診断と治療
  • 脳性麻痺およびその他の運動障害の診断、治療、訓練
  • 末梢神経疾患・筋疾患の診断、治療、訓練
  • 重症心身障害の医学的管理(呼吸障害、接食嚥下障害、栄養障害など)
  • 小児在宅医療支援(人工呼吸器等の医療機器管理、レスパイト、急性疾患対応など)
  • NICU・PICU後方支援(在宅移行支援)

主な診療内容

診療内容

 中央病院設立以来、小児神経科は愛知県および近県の小児期の神経症状を主とする障害者医療の中核的存在として活動を続けてきました。内科的管理に加え、各種の合併症に対し院内他科と共同で治療を続けている患者さんも多く、小児内科と共に当院の窓口的役割を果たしています。近年は重症心身障害児・者であっても在宅での生活が望まれるようになり、在宅医療の推進にも力を入れています。時代と共に変化する医学の進歩と患者さんのニーズにこたえていくよう努めています。

対象となる疾患

 小児期に発症する神経症状を主訴とする患者さんはすべて対象となります。具体的には精神運動発達の遅れ、てんかん、脳性麻痺、それらを複合する重症心身障害児・者、筋ジストロフィーやミオパチー、脊髄性筋萎縮症などの神経筋疾患、その他の神経疾患・症候群などです。

スタッフ紹介

小児神経科スタッフ紹介

診療実績

診療実績(年報ファイル)

予約について

外来受診のご案内

PDFファイルを閲覧するには、「AdobeReader」プラグイン(無料)を
インストールしてください。

adore reader