中央病院について

中央病院のご紹介

コロニー中央病院は新しく生まれ変わります

コロニー中央病院 完成予定図

 コロニー中央病院は、心身の発達に重大な障害を及ぼす各種疾病に対する専門的かつ総合的な診断とその予防・治療を担い、ショートステイ等地域支援や重症心身障害児者医療を提供して、障害のある方とその家族を支援する専門医療機関としての役割を担ってきました。現在、長年の念願であった病院の建て替えの最中にあり、一期工事が完了してリハビリ棟とこばと棟が完成しました。コロニー再編計画と愛知県地域医療再生計画により、コロニーの再編整備が進行中であり、仮称ではありますが愛知県医療療育総合センターとその名称を変え、その中身も新しいものになります。
 二期工事となる新センターの外来や病棟の建築は、まだしばらく先にはなりますが、完成後には県内の発達障害の拠点施設として、また、周産期医療および小児医療の後方支援を担う施設としての役割を果たします。当院は従来から障害児者に対し、様々な診療科による医療の提供を行ってきましたが、てんかんや神経筋疾患を専門とする小児神経科、障害児者の生活の質を主として手術的治療で向上させる小児外科や整形外科に加え、脳神経外科においても障害者に対する手術ができることとなりました。また、小児内科での臨床遺伝診療では、染色体疾患を中心に遺伝カウンセリングなどを行います。さらに、歯科では今までの障害者歯科診療はもとより、摂食嚥下障害についても積極的に取り組みます。
 各診療科の診療内容の詳細については、個別のサイトをご覧いただき、外来を受診されることを期待します。なお、ご不明な点に関しましては、気兼ねなく外来予診室までお問い合わせいただければ、看護師がご案内させていただきます。

愛知県心身障害者コロニー中央病院長